10:00 - 18:00
水曜定休
2019年02月07日
不動産ブログ

任意売却のご相談

長い住宅ローンを組んでいると、色々なことが起こり得ます。

当社では、長い不動産の経験で任意売却という不動産売却のお手伝いもしております。

様々な諸事情で住宅ローンなどを滞納してしまい、差し押さえや、競売にかけられてしまった物件を各債権者さんと協議して売却をお手伝いしています。

任意売却の目的は、生活を再建して再出発すること

現在も、ご紹介で任意売却の依頼をいただいています。

大手不動産会社に完済できる額で売却依頼をしていたのですが、買主がつかず・・・。値段を下げると住宅ローンの残債が残ってしまう。しかし、住宅ローンの支払いも困難になり滞納となってしまった。

支払いができない理由はお客様により様々ですが、今回のケースは誰にでも起こりうること。ご相談をお聞きして、当社で任意売却の依頼をお受けしました。

できる限りの販売活動と、債権者産との協議を進めています。

しかし、今の市況は渋い。インターネット広告をしても反響が少ない。他社からの問い合わせも少ない。単価を見ても決して高くはないのに・・・。できる限り高く売却をして残債を少しでも少なくすることと、時間との戦いです。

そして、生活再建、再出発のためには、引越し先を決める時期も目前です。ご自宅を売却して終わりといったことは当社では致しません。賃貸のご紹介、アドバイス、安く引っ越せるように引越し会社の紹介も致します。

任意売却を依頼するとき、任意売却の経験がある不動産会社を紹介してもらうのが一番です。

任意売却の相談を不動産会社にするとき、気をつけるポイント

お金を残すといった話ばかりする会社

・売却はウチでないと成功しない、時間がないと急かす会社

・債権者、債権額、経緯も把握せずに任せてみてという会社(そもそも任意売却が困難なケースもあります)

任せてもよいのではないかというポイント

債権者債権額を聞いて、困難かどうかはっきりいう会社

・任意売却の流れや期間を説明する会社

・売却後の生活再建・引越し先の話もしてくれる会社

・HPで会社の所在・スタッフ・取り扱っている不動産情報がはっきりとわかる会社

あと、自分も任意売却経験者ですというDMや話をする営業マンも数多くいます。これ信用しないほうがよいケースです。宅地建物取引士において、破産者や復権を得ない者は欠格事由です。自宅を任意売却経験者ということは、残債が残っている可能性大ですし、破産や債務整理をしていないだけという状態かもしれません。大きなお金が動くので注意はするべきだと思います。

任意売却をする方は、お金に困り・時間に追われている立場的に弱い方がほとんど。弱みに付け込む業者が多いのがこのジャンルです。放って置いても競売だからと、売れて手数料が入ればラッキーだと、まともに売却する努力をしていない会社もあります。

不動産会社選びは慎重にしましょう。

この記事を書いた人
栗原 大介 クリハラ ダイスケ
栗原 大介
代表取締役をしております。父の後をついで2代目になります。賃貸管理、賃貸仲介から不動産業を学び、新築分譲戸建、中古戸建て・中古マンションをリノベーション・リフォームしての再販事業、競売物件の入札や立退きなどを経験して現在に至ります。これまでの様々な物件の売却の中から住宅ローン滞納による任意売却、離婚、相続、借地、底地の売却なども取り纏めてきました。購入から売却までご相談ください。安心した住まいのために、さまざまな不動産取引の経験のノウハウを活かして提案させていただきます。高齢化社会、住まいに関する問題は山済みです。お気軽にご相談ください。

任意売却相談

INQUIRY
どんなご相談ですか?
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward