10:00 - 18:00
水曜定休
2019年07月05日
賃貸ブログ

クリーニング費用は絶対に必要? 賃貸スタッフの話

賃貸物件を契約する際に、敷金や礼金のほかに『クリーニング費用』という項目があるのを目にしたことがあるかと思います。

クリーニング費用とは、退去していくときに発生するルームクリーニング費用を入居時に支払うということです。

勘違いしているお客様も多くいらっしゃいますが、前入居者が退去した後のクリーニング費用ではなく、ご自身が退去したあとのクリーニング費用のことです。

自分で使用したお部屋を、きれいにクリーニングして、貸主に返すということです。

借りて賃料を払っているから、汚く使っていい。クリーニングしなくてよいというわけではありません。借りているということは綺麗に使用することが必要です。善良なる管理者の注意を持って使用する。善管注意義務という言葉があります。

最近は敷金、礼金なしという物件が多くあります。こういった物件は、クリーニング費用が契約時に必要となるケースが多いようです。

なぜ契約時に支払うの?

それは、退去後のトラブルを防止するためでもあります。

退去後に費用請求しても支払わないというケースを防ぐためです。

クリーニング費用だけにかからわず、故意過失で壊れている部分の請求も支払ってもらえないこともまれにあります。

 

そういったトラブルを防ぐためにクリーニング費用や原状回復費用を契約時にお支払いして頂きます。

預けている費用でまかなえないこともあります

敷金やクリーニング費用といった原状回復費用をお支払い頂きますが、預けている費用で原状回復ができないこともあります。

・タバコのヤニによるクロスの汚れ

・破損個所

例えばこの2点は原状回復費用のほかに請求される恐れがございます。

最近では喫煙者はお断りの物件(貸主様)が増えています。

居住年数が短いほど原状回復費用はかかります。

居住年数が長いほど、経年劣化などで痛んでくるところも出てくるので、預入している原状回復費用でまかなえます。経年劣化は貸主負担があるためです。

※管理会社・貸主によって費用は異なります。

原状回復でお困りの方、賃貸物件にお引越しをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

 

☆じゅうしんHPはこちら

この記事を書いた人
望月 モチヅキ
望月
賃貸担当しています♪女性ならではの目線でご提案ができるように努めてさせて頂きます。横浜DeNAベイスターズを応援してます!!
store

会社概要

株式会社 じゅうしん
arrow_upward