株式会社 じゅうしん
10:00 - 18:00
水曜定休
2018年02月15日
賃貸ブログ

シェアハウスかぼちゃの馬車のニュース

昨晩、ニュース23でかぼちゃの馬車の運営会社「株式会社スマートデイズ」の社長がインタビューに応えていました。

 

シェアハウスは、共用のLDK、トイレ、お風呂などを利用して、投資用として人気が出ていましたが、シェアハウスといっても様々。放送で流れていたシェアハウスは、格安でとても人気の出るような物件には見えませんでした。

 

不動産投資の熱がここ数年上がっていました。ワンルーム、アパート、シェアハウスと多岐にわたってきました。

ゼロ金利政策のお金が投資不動産に流れてきて、完全に過熱。そしてここにきてこの問題です。不動産業としては困った問題です。

 

サブリースの問題

平均13000万の借り入れ。高額です。サラリーマンの方が、家族には話していないと放送されていました。700人を超えるオーナーさんがいるとも。入居率は50%を切っている。サブリースでは致命的。サブリースを解除しても、満室稼動は厳しいのではないか・・・・・。

ネットニュースでは、不正融資の問題も、いわれていました。恐らくは書類の改ざんですね。

運営会社、不動産会社の責任。これが一番悪い。ビジネスモデルが疑問です。

所有者(オーナー)の責任。どこまで知っていたかですね。

金融機関の責任。これもどこまで知って融資していたか。

投資にはリスクが伴うもの。リスクをどれだけ考えてやるのか、やらないのか決めなくてはいけません。そのための情報収集が甘かった点もあると思います。

 

ローンの返済、支払いが出来ない方は、売却をせざる得ないでしょう。

支払いが滞り、遅延損害金がでてくると任意売却になるでしょう。競売になる方も出てくるかもしれません。

中古のシェアハウスの売却は、難しいといわれています。

知り合いの不動産会社さんも、中古を買取り所有していて苦労していました。

シェアハウスの運営や販売をしている知り合いはいるのですが、実際の取引は経験が無いので、シェアハウスの運営、販売をしている知り合いから、情報収集してみようと思います。

 

この記事を書いた人
栗原 大介 クリハラ ダイスケ
栗原 大介
賃貸管理、賃貸仲介から不動産業を学び、新築分譲戸建ての売事業、中古物件の買取り、中古マンションの買取を経験しました。競売物件の入札や立退きなどを経験して現在に至ります。これまでの様々な物件の売却の中から住宅ローン滞納による任意売却、離婚、相続、借地、底地の売却なども取り纏めてきました。購入から売却までご相談ください。
store

会社概要

株式会社 じゅうしん
arrow_upward