10:00 - 18:00
水曜定休
2019年05月08日
不動産ブログ

大型連休の賃貸管理会社として当社の考え方と対策

今年のGWは10連休ということで、長い休みでした。

当社はこの10連休にあたり、水曜日以外は営業という方針で、休まず営業していました。

その対応としては、

1、社員とパートで3人以上出社をしていること。

2、賃貸・売買のが扱える社員が営業時間にいること。

3、仕事の引継ぎをしっかりとすること。

4、5日の休みを取ること。

 

大型連休には、休みを取って家族サービスやリフレッシュしてほしい。

お客様より、お任せいただいている資産をしっかりと管理すること、この両立のためには、シフト制を組むしかないため、ある程度の人数が必要です。人が増えれば出来る仕事も増えます。

このスタンスは、夏休みや年末年始なども、当面継続していきます。

GWの営業は意味があるのか?

GW営業していて、休みの不動産会社も多く、意味があるのか?

少なからず、賃貸管理では仕事がありました。賃貸の新規契約や更新。月極駐車場の契約。管理物件のトラブル連絡なども起こりえます。お客様や仲介会社から空室への問い合わせもありました。

売却委任をいただいている物件にもお問い合わせはありました。

当社売主のマンションにも購入申し込みをいただきました。しかし、マンション管理会社への確認事項があり管理会社が休みのため、すすみませんでした。これはこれからです。

老人ホーム事業の相談もありました。

長期の休みでしか、動くことが出来ない人も増えています。

大変ではありますが、ネットが普及し様々なアプリなどが出て連絡を取ることや、業務の引継ぎは便利になりました。

大型連休の営業は、当社に依頼しているお客様、入居者の方々のためには、意味のあることです。

きっともっと便利になり、もっと働きやすい環境が作れる。

もっと役に立つ仕事が出来る。

いろいろと試行錯誤の毎日です。

 

この記事を書いた人
栗原 大介 クリハラ ダイスケ
栗原 大介
賃貸管理、賃貸仲介から不動産業を学び、新築分譲戸建、中古戸建て・中古マンションをリノベーション・リフォーム再販事業、競売物件の入札や立退き、任意売却などを経験して現在に至ります。これまでの様々な物件の売却の中から住宅ローン滞納による任意売却、離婚、相続、借地、底地の売却なども取り纏めてきました。購入から売却までご相談ください。安心した住まいのために、さまざまな不動産取引の経験のノウハウを活かして提案させていただきます。また、不動産投資、新築アパート販売、賃貸経営も行っております。高齢化社会、高齢者の住まいに関する老人ホーム紹介事業も取り組んでおります。お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社 じゅうしん
arrow_upward