10:00 - 18:00
水曜定休
2020年04月27日
不動産ブログ

特殊清掃 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素ナトリウム液と次亜塩素酸水は、違うものです。ご注意ください。
どちらも殺菌作用があります。名前も似ているので気を付けましょう。

間違えないでくださいね!!
次亜塩素ナトリウム液は、ハイターなどを塩素系漂白剤の濃度を薄めて作ることができるものです。
ハイター使うときはゴム手袋使用した入り、注意しますよね。薄めても一緒です。
加湿器で使うのはNGです。ダメです。


一方、次亜塩素酸水は、酸性で食品添加物として厚生労働省でも認可されているものです。超音波式加湿器で使えることで、室内の新型コロ対策としても利用されて売れています。入手困難な商品です。

飲食店なんかもスプレーで利用しています。


当社でも利用しています。机、、自動ドア、電話、ドアノブなど手が触れる箇所を、毎日スプレーしています。

清掃のプロが使うのは?

清掃のプロが使うのは、次亜塩素ナトリウム。

散布や拭き取りに使用します。
気化した薬剤を吸い込むと中毒になります。
換気をしながら、注意した作業が必要な代物です。
マスクをしていても軽い中毒になった、なんてことも聞く話です。
吐き気や頭痛など、むせこんだりしたら要注意。応急処置をして休む、病院になんてこともあります。

清掃も命がけなんです。

今回は、さらにコロナウイルスに感染しないよう作業しなくてはいけない作業員さんもいます。



新型コロナが出た家、施設は?

孤独死などが起きた物件は特殊清掃などが入ります。
遺品整理、消毒、除菌、消臭などを行います。

新型コロナが発生した家、施設なども、消毒除菌などの特殊清掃が必要になるでしょう。
消毒・除菌を感染しない為に防護服などを準備したうえで、清掃することになるはずです。特殊清掃は一般のクリーニングとは異なります。

これは、保健所の指導の下で、行われることになるはずです。

特殊清掃員の方も、不安と闘いながらの作業になります。

一般の方は新型コロナウイルスがどこにいるかわからない生活。

世の中には、コロナウイルスが今、目の前にいる中で働いている人がいること。
その不安と、恐怖。仕事後に、家に持ち帰って家族に移してはいけないという想い。
先日から、医療機関の方々が涙ながらに訴えています。

医療、介護従事者、新型コロナ対応に追われる役所の方々、ありがとうございます。
他にも特殊清掃の方など様々な方が、現場で働いています。

我々も自粛をして移さない、移らない。感染拡大しないように、日々の行動に責任をもって生活しましょう。


横浜市港北区 日吉の不動産会社 株式会社じゅうしん
045-566-8020

この記事を書いた人
栗原 大介 クリハラ ダイスケ
栗原 大介
賃貸管理、賃貸仲介から不動産業を学び、新築分譲戸建、中古戸建て・中古マンションをリノベーション・リフォーム再販事業、競売物件の入札や立退き、任意売却などを経験して現在に至ります。これまでの様々な物件の売却の中から住宅ローン滞納による任意売却、離婚、相続、借地、底地の売却なども取り纏めてきました。購入から売却までご相談ください。安心した住まいのために、さまざまな不動産取引の経験のノウハウを活かして提案させていただきます。また、不動産投資、新築アパート販売、賃貸経営も行っております。高齢化社会、高齢者の住まいに関する老人ホーム紹介事業も取り組んでおります。お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社 じゅうしん
arrow_upward