10:00 - 18:00
水曜定休
2020年09月22日
不動産ブログ

賃貸住まいから、マイホームの購入の売買相談

賃貸住まいから、マイホームの購入へ。
リピーターのお客様のご相談やご紹介が増えています。

なぜ、今なのか?
その時の不動産会社選び、物件選びのポイントは?

賃貸と購入どっちがいいのか?お得?損?

賃貸と購入(売買)どちらがいいのか。
ずっと言われ続けています。
どちらが得か、損かとか。

人それぞれで本当に違います。

そもそも、不動産の購入には、年収、勤続年数、年齢、健康状態、個人信用情報に問題が無いか、その他にも何点かクリアし、金融機関からの住宅ローンの借り入れをしないと、不動産を購入することはできません。大多数の方は、住宅ローンの借り入れをして、家を購入しているのが、現実です。

もちろん、現金を持っていれば別です。

そう、多額の現金や資産を持っている人は、賃貸でも購入でもどちらでも選択できます。そういう方は、賃貸でも購入でもどちらでも良いと思います。

賃貸も購入もどちらも個人の状況に応じてメリット・デメリットがあるんです。
そして、そのメリット・デメリットは年齢やタイミング、状況などで変わります。

一つ言えるのは、コメンテーターや有名なコラムなどに記載されている人は、一般の方より安定していたり、収入、または資産があるんだろうということ。

そして比較されているのは、家賃、敷金、礼金、仲介手数料、更新料、住宅ローンの支払いに関する経済的なこと、あとは税金とメンテナンス費用のことが少しで、基本的にお金のこと。

建物・部屋の広さ、立地、質(クオリティー)、設備に関することが抜けているんです。

賃貸で床暖房、三口コンロ、1坪バスなんてほとんど見かけません。もちろん、設備などは、売買でも物件により異なります。

この広さや設備が考慮されていないように思えます。

賃貸用の物件と、購入物件では間取りの広さ、設備に大きな違いがあるんです。


コロナ禍でなぜ購入相談が増えたのか

今の状況下で、なぜ相談が増えたのか。
それは、家にいる時間が増えたこと。
テレワークの為の部屋が欲しい、広いキッチンが欲しい、ゆっくり家族でお風呂にはいれる1坪バスが欲しい。住環境を見つめなおす時間にもなったようです。

そして、ネットニュースや広告を見ることが多くなって、「低金利」「住宅ローン減税(軽減税率)」「次世代住宅ポイント(エコポイント)」など、家を購入するって実はお得なのではないかと思い始めたからではないでしょうか。

ここで先ほど述べた、支払いに関することだけではなく広さや設備が、お客様(住む人)に、考慮されはじめたのだと考えています。

不動産物件を検索する

スマホで、キーワードを検索すれば不動産の物件情報は、簡単に検索できます。

スーモやアットホーム、CMの有名な会社などを検索しても物件情報が検索できます。

そして、問い合わせをすると、すぐに連絡が来るはずです。
すぐに返信や物件資料、他の似たような物件などの情報も送られてきます。不動産会社も営業会社で、仕事ですので仕方のないことです。

検索に慣れ始めると、いろんな会社から同じ物件情報が出ていることに気が付くはずです。
アレ?って思うことでしょう。

昨日まで掲載されていた物件が無い、こっちの会社では掲載されている。
物件入力は、人の手によるものです。物件が売れて終了した確認も人が行い、掲載停止の処理も人が行います。つまりタイムラグが出ることが当然あります。が、意図的に反響を得るために掲載し続ける不動産会社もいます。俗にいう「おとり広告」です。

物件を問合せしたら、しつこい、強引な営業、おとり広告をしている会社には要注意です。適度な営業連絡は、問合せした以上、仕方の無いことです。

強引な営業や、おとり広告に気を付けたい。だからこそ、信頼できる付き合いのある不動産会社をお勧めします。

不動産会社はどこでも一緒か?

信頼のある不動産会社をおすすめしますが、では、不動産会社はどこも一緒なのか?

売買仲介をたまにしかやらない会社、毎月行っている会社では、物件情報の量で違います。業者間の情報流通の俗にいうレインズ情報だけではなく、取引実績の信頼関係から成り立つ水面下の情報もあるんです。

調査や契約書作成、法改正に対応できているか会社か?
例えば、「瑕疵担保責任」今は「契約不適合責任」となっています。その対応ができているか。他にもいろいろあります。
昔ながらの契約書をコピペして使いまわしているなんてもってのほかです。これは賃貸でも一緒です。

そして、住宅ローンの金融機関も変わってきます。最近はネットバンクも増えていますが、定期的に仲介を行っていないと、不動産会社からの住宅ローンを受けてくれない金融機関もあります。買主様個人で持ち込んでくださいとなるわけです。
つまり、審査、金利に影響を及ぼすことも当然あります。

では、「じゅうしん」に相談すると?

当社では、賃貸、管理、売買仲介、売主業として建売、中古物件を、専門の担当者がいて取り扱っています。


当社も、これまでの長い業歴の中で、売買仲介の件数が少ない時期がありました。その時、大手金融機関に個人のお客様の住宅ローンの持ち込みを断られました。直近1年間で取引が無いからという理由です。そして、会社の決算書の提出を求められました。
住宅ローンを組むのはお客様個人なのに、仲介にはいる当社の審査があったのです。
取り扱えない金融機関があるということは、何かあるということなんです。
過去に、共同仲介でこの金融機関は使えませんと言われたことがあります。相手方が、金融機関と取引停止だったんです。つまり過去に何かあったということです。
最近は、反社会的勢力との関係にも厳しくなっています。時間はかかりますが、金融機関でもチェックを行っています。不動産業界で、きちんと反社会的勢力の関係者か検索もできるんです。

年数件しか売買仲介をしない不動産会社に購入の相談をしたらどうなるのか?
金利の優遇や、住宅ローンのトレンドがわかるのでしょうか?
買替えで売却をして、建築期間中に賃貸を探すというスキームに、賃貸のこと含めスムーズに進めることができるのでしょうか?


当社では、仲介会社が売却委任を預かった物件を自社で買取り、売主として商品化して販売しています。
SUUMOなどに広告を出し、集客をして、売買仲介も行っています。賃貸からの買い替え、売却して賃貸へ移り住む。売却して、建築期間中の賃貸をお探しするといったこともしています。

不動産に関する流れ、本当の現場レベルでの実務を経験しています。これはとても強みです。

こういった強みがあるからこそ、ご相談、ご紹介が少しづつ増えています。

港北区日吉で不動産を探す時は、是非「じゅうしん」にご相談ください。

東横線元住吉・日吉・綱島・大倉山。横浜市営地下鉄グリーンライン日吉本町・高田。横浜の中古マンション購入相談 、東横線の新築戸建て、土地川崎市の売買不動産情報の売却相談。不動産の買取り相談も可能です。
賃貸から売買、老人ホームの紹介まで住まいのことは【じゅうしん】にお任せ下さい!!

* 不動産の売却相談では一般客への売却査定価格と、不動産業者への売却査定で価格では異なります。高く売却査定をして、ズルズル下げるのが常套手段。築年数を考えてください。年式、走行距離でみる中古車と同じです。当社では2つの査定額を提出可能。なぜなら、当社が不動産の買取りをしているから。

不動産売却査定【いくらで売れるの?】

045-566-8020

神奈川県知事(9)第13610号
横浜市港北区日吉本町1-24-1
株式会社 じゅうしん


 賃貸管理相談  :日吉賃貸管理じゅうしん

 賃貸を探す  :賃貸物件検索じゅうしん

 マイホームを購入 新築戸建て不動産売買じゅうしん

 

 

この記事を書いた人
栗原 大介 クリハラ ダイスケ
栗原 大介
賃貸管理、賃貸仲介から不動産業を学び、新築分譲戸建、中古戸建て・中古マンションをリノベーション・リフォーム再販事業、競売物件の入札や立退き、任意売却などを経験して現在に至ります。これまでの様々な物件の売却の中から住宅ローン滞納による任意売却、離婚、相続、借地、底地の売却なども取り纏めてきました。購入から売却までご相談ください。安心した住まいのために、さまざまな不動産取引の経験のノウハウを活かして提案させていただきます。また、不動産投資、新築アパート販売、賃貸経営も行っております。高齢化社会、高齢者の住まいに関する老人ホーム紹介事業も取り組んでおります。お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社 じゅうしん
arrow_upward